【画面コピー】アマゾンもどきの詐欺メール
【画面コピー】アマゾンもどきの詐欺メール

仕事がらみのメールチェックをしていたら、またまた詐欺メールが来ていました。

「あなたはAMAZONログイン認証情報をリセットする必要があります。」という件名だけど、すでに日本語になってないw

どんな手口か興味があったから、メールの内容をチェック。

差出人のメールアドレス:store-support@store-secure.club

差出人の名前:Amazon JP

——-【メール本文】——-

残念ながら、あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

ここでお支払い情報を更新してください。

*ttps://goo.gl/mc03n4

リンクをクリックできない場合は、下記のアドレスをコピーしてブラウザに貼り付けてください:

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

宜しくお願いします、

Unsubscribe

—–【本文ここまで】—–

あなたのアカウントAmazonを更新できませんでした。

って書いてあるけど、アカウントAmazonってどんな意味よ?

リンク先のURLを調べてみる「u4663510.ct.sendgrid.net」っていう、意味不明なドメイン。

本当にアマゾンから来ているなら、ドメインが「amazon.co.jp」のはず。

どんなページにジャンプさせられるのか、メールのリンク先を見ると、本物のアマゾンのログインページそっくりに作ってありました。

アマゾンもどきの偽ログインページ
【アマゾンもどきの偽ログインページ】

見た目はアマゾンのログインページそっくりだから、ひっかかる人がいそうだな~。

ちなみに、アマゾンもどきの偽ログインページのURLは「*ttps://secure.gotodo.com/support/scp/apps/Amazon.html」

メールのリンク先からリダイレクトされているみたいです。

「利用規約・プライバシー規約・ヘルプ」のリンクがページの下にありますが、クリックしてみたら同じログインページに飛びましたw

このページで、アマゾンのIDとパスワードを入力して送信すると、アカウント情報を全て抜き取られてしまうから、絶対に送信しないでくださいね(汗)

何だか面白かったので、ひっかからないでねっていう意味も込めて10ヶ月ぶりくらいの投稿です。

ちなみに、くま子は元気です。

2016年は3ヶ月か4ヶ月くらいは島を脱走して、あちこち打ち合わせやセミナーで飛び回っていたような気がします(汗)

北は札幌・函館から、南は福岡・長崎まで、仕事でいろいろ行きましたが、沖縄だけは仕事のスケジュールが入らなかった。

2017年は宮古島か石垣島で仕事が入らないかな~・・・入らないだろうなぁ。

宮古島から仕事のオファーをいただければ、打ち合わせと称して潜りに行かせていただきます!?

アマゾンの詐欺に引っかからないでねっていうメッセージも込めた、生存報告でした♪

【追伸】

リンク先のURLは、タップできないようにhを*に変えています。