海士町(隠岐諸島)名産のシロイカ(ケンサキイカ)。

海士町のシロイカ釣り

剣先イカは全国で釣れますが地域によって形や味が違い、山陰地方の剣先イカは胴の横幅があり身が柔らかく甘みがあります。

釣り上げると最初は透明だった身(皮)が徐々に赤くなり、最後は白っぽい身になる事から「白イカ」と呼ばれているとか(違う)。

最初は高級イカとも知らず、スルメイカとシロイカとの違いも分かりませんでしたが、海士町に移住してシロイカを食べてからすっかり大好きになりました。

実家や兄弟に送ったら大喜びしてくれるので、今年も頑張ってシロイカ釣り(船の上で手釣り)に行きました。

豊漁の年は9月から爆釣の日があるのですが、今年は10月に入ってもシロイカが殆ど釣れません。

ポツポツと釣れ始めたと聞いて、10月14日に夫の仕事が終わってから船を出しました。

隠岐諸島海士町のイカ釣り釣果

2人で手釣り糸3本と竿1本を出して2時間半も頑張ったのに、釣果は「22杯」。

・・・・・・(涙)

何日か前に他の方が「7杯」だったというのを聞いたので、こんなものかもしれないけど釣れなさ過ぎる(汗)

帰ってから久しぶりにイカをさばいて冷凍。

1年ぶりに見るイカの皮の色が変わる様子や吸盤が手に吸い付く感覚は、やっぱり「あわわわわ」になります。(動画にしてみました。)

我家はLED投光機を車用のバッテリーにつないで光を焚いているので、集魚灯がついている他の漁船よりとても暗いのでイカのエサになる小魚が集まりにくいです。

明るい集魚灯を灯している漁船が釣れるポイントにいる時は明るい集魚灯の方へ小魚が寄ってしまうので、他の漁船がいない場所に移ってイカ釣りをしています。

今回も釣れるポイントは他の漁船3艘(3杯?)がすでにイカ釣りをしていたので普段はあまり行かないポイントでイカ釣り開始。

今年初めて購入したダイワ(Daiwa)の ミッドスッテ(アカピンク)とハリミツのスミゾクスッテ目玉付き(アカピンク)
にイカがやたらと食いつきました。

シロイカ釣り用のスッテ
>>イカ釣り用スッテ・鉛スッテ一覧

昨年はハリミツの黄赤・蛍光緑赤・赤白がヒットする事が多かったけれど、今回はピンクで釣れる確率が高かったので慌ててアカピンクを追加購入しました。

それぞれの実家と兄弟に送る分だけ釣れるか微妙ですが、風が入らない日はできるだけ毎日イカ釣りを頑張ります☆

・・・何て書きながら、久しぶりに船の上でイカ釣りをしたら家に帰っても身体がフワフワとして朝方まで寝付けませんでした(涙)

人気ブログランキングへ