離島の海士町にはもともとはキジは生息していませんでした。狩猟をできるようキジを島内に放したものが繁殖したようで、今では春になると「ケンケーン」という鳴き声があちこちから聞こえてきます。

キジの鳴き声

海士町に移住して初めてキジを見た時には何の鳥だか分からず、検索して「キジ」だと分かり感動したのを覚えています。

今年は海士町に移住して4回目の春ですが「ケンケーン」という声を聞いたり、飛び交うツバメの姿を見ると「あぁ春だな」と感じるようになりました。

くま子と夫は大のキジ好き。「ケンケン」鳴くので「ケンちゃん」と勝手に名づけて、春になると車を走らせながらケンちゃんを探しています。

今日、家の近くでキジがケンケン鳴いているので和室の窓を開けると前の空き地でメスを呼んでいるオスを1羽発見♪

野生のキジ

昨年の秋、空き地の前の小路で2羽のケンちゃんがケンカ(縄張り争い?)していたので、近くにいるのは知っていましたが、車を走らせなくても目の前にいるじゃん!と初めて気が付いたのでした。

キジのメスやヒナも姿を見せるかもしれないので、時間がある時にちょくちょくケンちゃんを探してみようと思います♪できたら動画も撮れるといいなぁ♪

キジの鳴き声

キジのケンちゃんは30mくらい離れた場所にいたのでズームを最大にして撮影しました。手ブレもあって今ひとつピントが合っていないのがちょっと残念です(泣)

人気ブログランキングへ