夫が船の横で岩牡蠣をバラバラにしていると1羽のカモメが近くまで来たそうです。

テグスを飲み込んだカモメ
※画像は一昨年、足を怪我をしていたので岩牡蠣をあげていたカモメのカモちゃんです

お腹が空いているのかな?と思ってよく見ると、カモメのクチバシからはグチャグチャになったテグスが飛び出ていて、お尻の穴からはテグスが1本出ている状態。

(写真にテグスの様子を描いてみました。)

あまりにも痛々しいので、岩牡蠣を剥き身にしてあげたところ、なかなか飲み込めないようでしたが、何度も吐き出して食べてを繰り返しようやく飲み込めたそうです。

夕方、外に行くと・・・さっきのカモメ1羽いて目が合った瞬間逃げようとしました。

「カモちゃん、牡蠣をあげるからおいで」

そっと声をかけると、逃げるのを止めて牡蠣を投げてあげると、一生懸命飲み込もうとしていました。

本当はつかまえて獣医さんに連れていきたいけれど、捕まえるのも難しく、もし捕まえられたとしても島には獣医さんはいません。

人間が捨てたゴミのせいで苦しんでいると思うと「ごめんね」の言葉しか出てきませんでした。あのまま誰も保護することができなければ、うまくエサを食べることができず、いずれは弱って死んでしまう気がします。

カモメのカモちゃん

どうにか助けてあげたいのですが、見かけた時に栄養があって食べやすい牡蠣をあげること位しかできません。

人間の捨てたゴミのせいで動物や海の生物に悪い影響を与えないように、数センチのテグスでも海に流さないように今まで以上に注意します。

今日見たカモメを思い出すと、何だかすごくやるせないです。何もできない自分に腹が立ちました。

カモちゃんをうまく捕まえられたら、せめてクチバシの外でグチャグチャに絡まっているテグスを切ってあげれるのですが・・・あの日以来、カモちゃんを見つけることができません。

どうか、誰かに助けてもらっていますように。

人気ブログランキングへ ←人気ブログランキングに登録しています