岩牡蠣の養殖 を行っている海士いわがき生産株式会社の研修生として3年間働いた後に独立をする。

東京国際フォーラムで行われた漁業就業者支援フェアでは研修期間は3年間という話を聞いていました。

海士町にIターン

私達の前に海士町にIターンして牡蠣の養殖の研修生として働いていた方がご家族の事情で8月いっぱいでいわがきの養殖をやめてしまうため、夫がIターンする条件は下記のようになるというお話でした。

私達が海士町にいわがきの研修生としてIターンする条件はこのようなものでした。

  • 8月中に今の仕事を辞めて海士町に移住してほしい
  • すぐに移住できるのであれば、受け入れることを即決
  • 通常なら独立に3年かかるところを、前任者の牡蠣を引き継ぎ 1年半後には出荷をして独立できる
  • 牡蠣の養殖をするためには船が必要となるため、独立するまでに、少なくとも来年には船を買う必要がある
  • 船を買う資金が手持ちで用意できなければ、1口50万円の町の融資制度「海士ファンバンク」を利用できる

研修生として受け入れていただくお話の他、焼肉を食べながら楽しく雑談をして、その日はお開きとなりました。

人気ブログランキングへ