宮古島へ移住することは宮古島へ旅行するたびに「この島に済みたい」と思っていました。数え切れないくらい訪れている島なので宮古島の様子は何となく分かっていますが、

海士町の漁港

ところが島根県の海士町に移住となると「島根って九州の北側か四国?」と思ったくらい土地勘がないのです。

海士町は鳥取県の境港港か島根県の七類港から隠岐汽船のフェリーに乗って約3時間半かかります。隠岐汽船のフェリーといっても運行本数は1日1~2便ととても不便。

海士町ってどんな所?と思い、他の島と比較してみました。

海士町・小豆島・宮古島・石垣島・沖縄本島を比較

くま子の大好きな宮古島、石垣島、沖縄本島、小豆島と海士町を比較してみました。(データは2012年のものです)

小豆島(しょうどしま)が入っているのは、ビッグダディが海士町への移住に失敗したので何となく入れてしまいました(汗)

海士町の人口

海士町は島の面積も小さいですが、人口がとても少ないです。総人口のうち約240人(?)がIターン者で高い割合を占めています。

想像していたよりもずっと小さな島で島民として暮らしていけるのか考えてみました。

※この記事を書いてから5年近くが経ちました。海士町にIターン移住して5年半、先輩や後から来たほとんどのIターン移住者が失敗して帰っています

私も牡蠣の仕事をやめて、近い将来島から出る予定。

島の現実は厳しいです。

現在の心境や状況は少しずつ更新していくので、悪い点や失敗する原因などは、新しい記事をご覧ください。

【関連記事】

>>海士町の移住失敗!?くま子、島から出ていきます

人気ブログランキングへ