マンホールの蓋の柄は土地によってデザインが違い、芸術性の高さに海外でも評判だとか。

北海道の函館に旅行した際にマンホールの蓋の話をガイドさんから聞いて、それ以降はマンホールの蓋を観察するようになりました。

函館のマンホール
【 函館のマンホール 】

上の画像は函館で唯一のカラーのマンホール。名産品のイカがデザインされていてとても可愛いです☆

隠岐神社までお散歩する途中、海士町の下水道のマンホールを発見♪絵柄は「キンニャモニャ踊り」でした。

キンニャモニャとは海士町発祥の隠岐民謡で「菱浦港の機織り唄」として、嘉永5年に菱浦に生まれた杉山松太郎さんが元歌を歌ったと紹介されています。

隠岐諸島 海士町のマンホール
【 海士町のマンホール 】

車だと通り過ぎてしまいますが、歩きだと色々な発見があって面白いなと思いました。お隣の島(西ノ島町)はイカがデザインされていた記憶がうっすらとあるので、次に行った時に撮影しようと思います♪

人気ブログランキングへ