海士町(中ノ島)には信号がありません。正しくは1箇所だけ信号が設置されていますが、いつも黄色点滅していて赤や青になったのを一度も見た事がありません。

この信号は海士町の子供達が信号の意味を学習するために設置されたそうで、信号の勉強をする時だけ押しボタンを押して信号の使い方を教えるのだと思います。

ないものはないと宣言した海士町ですが、ちょっとだけ(ほんのちょっとですよ)高速道路気分を味わえるポイントを発見!

役場がある島の中心地(?)から、島の反対側へ抜ける新しい道路を走っていると、大きめのトンネルが出現。

前後に信号もないし(島に信号がないから当たり前)スピードが乗りやすいので、ほんのちょっとだけ高速道路気分になりました。

海士町の交通事情

ちなみに、一時停止、時間帯規制、右折禁止、一方通行など、標識だらけの都会の道路と違って海士町は道路標識も殆どありません。

何年も海士町で運転していたら、都会に行った時に標識を見落としたり、首都高や高速道路の運転や車線変更が怖くなるんだろうなぁ。

海士町に移住して1ヶ月。島の生活になかなか慣れることが出来ず、まだまだ都会が恋しいです(笑)

人気ブログランキングへ