海士町のIターン移住ブログ

結論から書くと、ドメインの更新手続きをするつもりはないため、ドメインの利用期限が切れたら、自動的にブログを見ることができなくなります。

このブログは、東京にいる家族や友人達に向けて、今はどんな暮らしをしているかを写真付きで報告できたらいいなーという気持ちではじめました。

最初は楽しくブログを書いていましたが、しばらくして分かったこと。

それは、海士町のように小さな世界に住んでいると、プライベートをさらけ出すブログを続けても、デメリットはあってもメリットは殆どないということ。

昨年の春に敢えて挑戦的な記事を書いて、そのあとは更新せずに約1年。

どういったIPアドレス(エリア)から、どういった端末でアクセスがあって、どのページを見て滞在時間はどのくらいで何回目の訪問なのか、挑戦的な記事によって反応があるのかを知りたくて1年ほど放置していました。

挑戦的な記事に反応してくださった方の動きを見れば、敵味方もハッキリ分かりますし(私は我が道を行くタイプだから、どうでもいいけど)、お陰様で数日前はラッキーな出来事も。

(*´艸`*)

島から出ていくと書いた昨年までは、嫌がらせとしか取れない出来事やパワハラまがいのことが続いて、島にいるのが本当に嫌になっていました。

そのときは、全てをぶちまけて、ちゃぶ台返しをしてから島を出ることを真剣に考えていました。

ところが、一番のストレスになっていた事も来年には終わりになり、夫が進む道も見えてきたので、夫がイヤな思いをすることも減って私も楽になります。

何よりも、親身になって色々と教えてくださったり、力になってくださる漁師の先輩ができたことで、夫がとても生き生きとしているのが一番嬉しいです。

ちゃぶ台返しをして、お世話になっている先輩方のご恩を仇で返すことはできません。

まあ、私は以前とあまり変わらず、ずっと島にいると鬱っぽくなることはあるけれど、一番のストレスの原因が終わる時期がハッキリ見えているので、岩牡蠣の仕事が忙しい時以外に自由に島から出られればガス抜きができます。

さらに、以前に書いたように私だけが島を出て、大阪や神戸あたりに住んでも、結局は九州・首都圏・北海道など、飛び回っている気がするから、固定費がかかる住居を借りても意味がないことにも気が付きました。
(´・ω・`)前から薄々気がついていたケド。

このブログを閉鎖しようと思ったのは、ここには書けない、ある目的が達成できたから。

このままブログを続けたとしても、本当の事なんてほとんどど書けないし、本当の事を書いたら漁師として一人前になろうとしている夫の足を引っ張るだけです。

夫のことを考えると、このブログには書きたいことのほぼ全てを書くことができません。

書きたいことが書けないブログなら、続けていくことがストレスになるだけで、大きなキャッシュポイントを作らない限り、ドメイン利用料とサーバー使用料を支払うことを考えてもマイナスになるだけ。

また、ブログを更新したとしても、全て真実を書いているわけではなく、真実の一部だけを切り取ってボカして書くことで、本来の意味とは違う意味に読み取れる文章が増え続けるだけです。

さらに言えば、このブログは海士町に住んでいる〇〇(私の本名)のブログだと思い込んでいる方がいるようですが、嘘だらけのネットの世界なんて「本人になりすます」ことはとても簡単。

本人の画像っぽく見えるものをブログに載せたいときは、やろうと思えば、著作権を無視してウェブ上に転がっている画像をいくらでも拾えるし、本人が撮ったように見えるような画像に簡単に加工することも可能。

ブログの持ち主を特定しようとしても、無料ブログサービスを利用していたら、ブログの開設時に本人確認が必要になることはなく、ブログを開設したのが誰なのかを特定することは難しい。

もし、当サイトのように、独自ドメインと有料のレンタルサーバーで運営している場合は、正当な理由があれば情報開示請求をして、レンタルサーバーの契約者やドメインの所有者が誰なのかを調べることはできると思います。

もし、サーバーを契約しているのが想像していたとおりの人物で、ドメインを所有していたとしても、何らかの目的があってライター(外注)を雇って、なりすましの記事を投稿しているのかもしれません。

さらに言うなれば、アカウントとパスワードを入手して、更新されていないサイトを乗っ取って、悪意ある第三者が投稿している可能性もゼロではないでしょう。

ウェブの世界では、数パーセントの真実と大部分のウソを混ぜて書くと、全てが真実に見えます。

極端な話、ありえないフェイクニュースですら、まったく疑うこともせず信じて拡散させる、ネットリテラシーの低い人が多数いるのが現実。

このブログが、海士町の〇〇(私の本名)のブログだと信じている方の考えは、おそらく間違っていないと思いますが、真実は書ける範囲のごくごく一部しか書いていません。

まさかとは思いますが、このブログに書いてあることが、全て本音で真実だと信じてる人はいないですよね?

ブログに真実を書かなければならない法律もないし、ウソを混ぜずに真実だけを書いていたら、夫も私もこの島で生活できなくなります。マジで。

なお、今の予定では、すぐにブログを閉鎖することはしませんが、ドメインの利用期限が2018年12月までとなっているため、それ以降はドメインの利用料を支払うことはしないつもりです。多分。

ドメインの評価や費用対効果を考えて、このドメインの利用価値があると判断したら、更新手続きをして、どーしようもない楽天アフィリやアドセンスサイトにして、SEO検証用のサイトとして使うかも。

最後になりますが、今までお読みくださった方、良くも悪くも反応してくださった方、本当にありがとうございました。

【独り言】

毎年、確定申告のための集計を3月12月ごろから初めて、3月14日に終わらせて郵送で税務署へ送付。

今年も3月12日から2日間で夫と2人分の申告書を作成したけれど、過去の経験をもとに、無意識に頭の中で仕分けをしながら入力しているので、残高が全て合っても、何できちんと合っているのか本人がよく分かっていません。

しかも、老眼がひどくなって、細かい数字が読み取りにくくて入力がなかなか進まず、今年は間に合わないのではないかと心底焦りました。アホだ。

申告が終わると、今年こそは月に1回は会計ソフトにデータを入れようと思うのに、2018年の申告も同じことをやりそうな予感がプンプン。

今年こそ、毎月マジメに入力して残高を合わせることにしよう、そうしよう。

なんて思いつつ、来年も3月10日を過ぎてから、あわわわわとなっている予感100%です。

経理関係の仕事が長かったせいか、売掛・未払・前払費用・預金口座などの残高は、補助科目を含めてすべてピタッと一致していますが、内容については申告書を出した段階で殆どを忘れてしまいます。

仕訳帳の貸借の科目を見れば分かるように、ルール通りに帳簿を作って残高さえ合わせておけば、トシで記憶力が落ちて内容を覚えていない仕分についていきなり質問されても、それなりにきちんと答えられるものなんだなーと実感しました。

ヽ(=´▽`=)ノ