アマゾンお坊さん便のクチコミ

テレビやヤフートップニュースで話題になっている「お坊さん便」。

仏教各派が作る全日本仏教教会は「宗教行為を商品として販売している」として、申し込みを受付けているAmazonに対して販売の中止を求めています。

全日本仏教教会は「お布施は各自の気持ちや宗教心によって決まるものなのに、定額で販売するのはおかしい」とのこと。

税金面から考えると、宗教法人は非課税となっていてお布施というのはあくまでも「寄付」という前提があり、これが定額での販売となると商品という捉え方もできて課税対象になるのでは?という意見もあるとか。

お坊さん便は明朗会計

お坊さん便ってどうなの?何をできるの?って不思議に思って調べてみると、明朗会計で分かりやすい!

・法事や法要への僧侶手配:一律35,000円(税込)
・戒名の授与:一律20,000円(税込)

【お坊さん便のお布施(35,000円)に含まれているもの】
・読経・法話
・開眼法要
・仮位牌の引取およびお焚き上げ
・納骨法要
・宗派指定料
・御膳料
・交通費
・心付け

【指定できる宗派】
・浄土宗
・真言宗
・曹洞宗
・臨済宗
・天台宗
・日蓮宗
・浄土真宗(東)
・浄土真宗(西)
・宗派不問
・その他の宗教

くま子の実家は菩提寺があり、それなりに格式がある有名なお寺で檀家から法要などの依頼も多く入っています。

父が亡くなった時のうっすらと覚えている記憶をたどると、お布施の他に戒名代(高かった)、お車代、心付けなど結構かかった気がします。

そのお寺は法要に対するお布施はいくら位かを聞くと「○万円からとなっています」と思ったよりも良心的なお値段。

最低ラインを教えて下さるので良心的なお寺だと思いますが、それでもお布施の他にお金がかかりました。

戒名もランクが色々あって、一番上のランクだと何十万というお値段になり他のお寺だと数百万だったという話も聞いてビックリ!

くま子は菩提寺に頼むのが当たり前だと思っていたけれど、菩提寺がない家の場合は知らないお寺や葬儀社からの紹介で法要をお願いする事になりますよね。

どんなお寺かよく分からないまま法要を頼むと、高額なお値段になってしまう事もあるそうです。

また、菩提寺があっても遠方で法要をお願いすることができない場合もあります。そんな時には知らないお寺や紹介でお願いするしかありません。

宗教心という観点から考えると、信心深い方は「お坊さん便」という商品(サービス)を受け入れ難いだろうなと思いつつ、菩提寺がなくいくら請求されるか分からないという人にとっては「お坊さん便」は便利なサービスだろうなと思いました。

海士町で宗派指定でお願いしたら、本当に35,000円で来てくれるのかな?と考えながらアマゾンの「お坊さん便」のページを見たら・・・!

「申し訳ありませんが、この郵便番号にはお届けできません」って表示されてる!やっぱり離島には来てくれないらしい(笑)

お坊さん便のブログ

アマゾンのレビューを見ると、平均★3.5点で「★★★★★:47件」「★:28件」と星5つと星1つに両極端に割れている珍しい評価となっています。

レビューを見ても賛否両論で極端に分かれているのが分かりますよね。

殆どのものがネットで完結できるのは時代の流れだな~と思ったニュースでした。

お坊さん便公式サイト:>>https://obousan.minrevi.jp/

お坊さん便(Amazon):[お坊さん便] 法事法要手配チケット

人気ブログランキングへ